京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

宮川町・花街・舞妓について

宮川町について

宮川町(宮川筋)は京都の中心を南北に流れる鴨川の東沿いにある川端通の一本東の小路で、四条通から五条通に達しています。
宮川町のすぐ近く、四条通りの鴨川南では祇園祭の際、祇園社(八坂神社)の神輿(みこし)洗いが行われます。
八坂神社=お宮さんの川ということで宮川町の名が付いたとも言われています。
16世紀後半、当時は鴨川の河原であった現在の宮川町が整備され、宮川町の町並みが整いました。四条川端角にある南座に近く、当時の歌舞伎の流行とあいまって、次第に茶屋町として発展し、大いに賑わいました。
毎年、四月初旬より宮川町の舞妓さん、芸妓さんによる「京おどり」が宮川町歌舞練場において開催されています。踊りの流派は若柳流です。
京都らしい情緒を一層濃く感じることができる花街です。


同じカテゴリー(宮川町・花街・舞妓について)の記事画像
花街について
舞妓について
同じカテゴリー(宮川町・花街・舞妓について)の記事
 花街について (2009-03-23 14:23)
 舞妓について (2009-03-23 14:21)
 

お茶屋ブログ

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.